坂戸市で遺品整理代行 回収業者にご相談をお考えのご遺族の方

  • 故人との思い出を何より大切に。作業効率でなく、丁寧さを徹底いたします。遺品整理の埼玉中央
    故人との思い出を何より大切に。作業効率でなく、丁寧さを徹底いたします

埼玉で16年続く、適正相場料金の業者です。故人の部屋のご相談は、まずはお電話ください。

坂戸市 対応

坂戸市で遺品整理をお考えの方へ

遺品は故人と遺族の絆。その想いを大切にする遺品整理

店長:内藤

私は、以前ホテルの仕事に16年間勤めていました。

その時期に父親を亡くし、そのとき初めて遺品整理を経験しました。
それがきっかけとなって、ホテルマンから「遺品整理業者」になりました。
私たちがお伺いせて頂く故人の部屋には、それぞれ生きてきた証し、ご遺族と故人を紡ぐさまざまな遺品が遺っています。

遺品になった途端に整理が進まなくなるご遺族が多いなか、関東で、いち早く遺品整理サービスを行ってきた店舗として、ご遺族にとって故人との最後のお別れの場に、感銘して頂ける有意有るものにとなるよう努めてまいります。


初めての方へ・ご遺族の疑問にお答えします。 生前整理についてよくあるご依頼内容
今まで、1875件のご相談事例 個人情報を大切に守ります

参考費用

参考費用

50,000円~

間取り 1K 作業員 2名
参考費用

140,000円~

間取り 2DK 作業員  3名
参考費用

210,000円~

間取り 3DK 作業員  4名

≫ 費用の目安はこちら

坂戸市 遺品整理 店長日誌。

(※守秘義務の観点からお客様が特定できないよう脚色してありますので、ご安心して下さい。)

「実家にある父親の遺品を整理し回収してくれますか?」連絡いただきました。坂戸駅から徒歩10分位のところにある住宅です。

依頼いただいたご遺族の50代の女性は すでに室内にいたため玄関で出迎えられ、
「故人が大学の教授をしていたものですから、書籍等の本が多いので見て下さい。」そう、伺い 室内を拝見しました。

3LDKの広さで3階にお住まいですが、玄関脇にも鉄製の本棚があり、6畳の1つの部屋は本棚に囲まれ、書籍のなかに、仕事机がある様な感じでした。

相続の手続きなどがあって「初めは少しずつ実家を片付けようと思っていましたが、故人が長年使っていた書庫の部屋はとても、手に負えない」と伺いました。


(※店長内藤が現地で行う養生光景です)

私から、「本を階段で回収させていただく場合には、当店自慢の力持ち君がいますのでご安心ください」。
作業は1日以上かかるため、2日間とも私がそのスタッフを同行させます。」とお話しました。

ご遺族に料金提出させて頂き、その場でご依頼があったので、後日の作業の打ち合わせを行いました。

作業当日、当社一番の力持ち君が本の搬出の際「セーノ、はい。」掛け声とともに本だけで階段を40回ほど往復しました。大量な本を階段で運ぶ事は、時間を当然の事ながら要しますが、回収作業を終え、広々した部屋を見たお客様が安堵した表情を見て、業者としてほっとした気持ちになりました。

遺品整理


たくさんのお客様の声をいただいています
日経ビジネスオンラインなど、数多くのメディアに取り上げていただきました
故人の想いを遺族に紡ぐ(店長著書より)大手出版社で実績を評価いただきました
遺品整理をお考えの方、今すぐご連絡下さい
tel:048-471-0840
受付時間:平日8:00~20:00土日祝9:00~18:00
時間外はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

指定業者あいおい生命

■業務内容
遺品整理代行 片付け 埼玉県 東京都対応(一部の地域を除く)

■埼玉中央店 坂戸市 業者 コラム。ご遺族に対して安心できて評判がいい口コミの業者を目指し生前整理、空き家になっている実家の片付けまで元ホテルマンの店長が担当します。ご遺族から相続した坂戸市の実家にある、故人の部屋にある「遺品を業者に依頼したときに、どのような作業で、料金にはどのような理由があるか」よくお問合せを頂きます。作業内容はお見積もりの際に詳しくご説明しております。ご遺族の気持ち思い出がある状況の部屋で、故人の遺品の品々を整理します。生前整理も賜りますので、ご不明な点はご遠慮なくお問合せください。

相続手続き、ジュエリー・指輪・ネックレス・腕時計などの形見分け後に、父、母、姉妹、ご兄弟、叔父、叔母、祖父母、親族のご両親など遺品を整理するため業者の相場料金を知りたいご遺族の方、ぬいぐるみ・雛人形・五月人形・お仏壇なども回収します。供養が必要なものやケースを熟知、最近では供養が必要だと、力説する業者も散見されますが、過去1750件の故人の部屋の作業をしてきた経験から、本当に供養が必要な状況と遺品を熟知しています。

以前、埼玉新聞の記事の中で坂戸市の記事を見つけました。「野菜もりもり促進事業」野菜に含まれる「葉配」が認知症予防の「ルコーラ」を含み、坂戸市にある、女子栄養大学と共に、促進運動をすると書いてありました。新聞社が記事を取り上げた理由は、市内には若葉台、西坂戸(東)、北駅前、ジュネス住宅 (千代田) 等 団地と、UR住宅が多く長く住んでいた方が、なんらかの理由により、部屋を片付け、ホーム等に入居されるケースも多いからです。

また毎年、お盆の時期に行われる”よさこい”、2001年に市制施行25周年を記念して開催された「坂戸市民まつり」が始まりと聞きましたが、市外からの参加チームも毎年増え続け、盛大に行われています。遺品整理のご連絡いただく時期は、お盆前後の時期は比較的少ないため、当店のスタッフもよく見にいっています。事務局で聞いたのは、夜さ来いと書き「夜に来てください」などの意味があるそうです。以前、ご遺族からの依頼で、部屋に残っている本を片付け回収して、それと共に遺品の処分依頼がありました。そのとき、故人の方の部屋から「坂戸よさこい」のパンフレットがあり、生前見に行かれていたのだと現場で思いました。また、東北地方を中心とした大地震が発生のときに、東北地方から離れた埼玉県内にある市内で、支援本部を設置したことも評判になりました。若葉駅周辺はワカバウォークと映画館など、学生さんたちも多く集まり、少し離れた団地界隈には、静かな公園などが多いと訪れるたびに感じます。
■主な対応地域

Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ