志木市で遺品整理代行 回収業者にご相談をお考え遺族の方

  • 故人との思い出を何より大切に。作業効率でなく、丁寧さを徹底いたします。遺品整理の埼玉中央
    故人との思い出を何より大切に。作業効率でなく、丁寧さを徹底いたします

埼玉で16年続く、適正相場料金の業者です。故人の部屋のご相談のある方、まずはお電話ください。

志木市 対応

志木市で遺品整理をお考えの方へ

遺品は故人と遺族の絆。その想いを大切にする遺品整理

店長:内藤

私は、以前ホテルの仕事に16年間勤めていました。

その時期に父親を亡くし、そのとき初めて遺品整理を経験しました。
それがきっかけとなって、ホテルマンから「遺品整理業者」になりました。
私たちがお伺いせて頂く故人の部屋には、それぞれ生きてきた証し、ご遺族と故人を紡ぐさまざまな遺品が遺っています。

遺品になった途端に整理が進まなくなるご遺族が多いなか、関東で、いち早く遺品整理サービスを行ってきた店舗として、ご遺族にとって故人との最後のお別れの場に、感銘して頂ける有意有るものにとなるよう努めてまいります。


初めての方へ・ご遺族の疑問にお答えします。 生前整理についてよくあるご依頼内容
今まで、1875件のご相談事例 個人情報を大切に守ります

参考費用

参考費用

50,000円~

間取り 1K 作業員 2名
参考費用

140,000円~

間取り 2DK 作業員  3名
参考費用

210,000円~

間取り 3DK 作業員  4名

≫ 費用の目安はこちら

志木市 遺品整理 店長作業日誌。

 

地方に住んでいる、ご遺族の方からの依頼で、料金提示のため志木市のマンションに伺いました。母親は5年前に亡くなり、ひとりで住んでいた父親が病院で亡くなったため、実家にある故人の遺品の片付けをお願いしたいと連絡がありました。

東海地方に嫁がれた長女の方からお電話を頂きましたが、志木市の部屋を訪ねると、娘さんが使っていた部屋は、ご両親の荷物置き場のようになっていて、スキー板、200冊以上の本、ご高齢だった為、2年分くらいの新聞紙がありました。おそらく重い紙類を回収日にだすことが難しかったようでした。


(※店長内藤が現地で行う養生光景です)

料金をご提示後、ご依頼頂きましたので、初日は立合って頂くことにしました。その理由は、父親が使っていた形跡がある銀行の預金通帳が見当たらないため、探して欲しいとご要望があったからです。お客様が遠方からお越しの場合には、カギをお預かりして作業をすることがありますが、今回のようなケースではできるだけ、回収する作業の日に現地に来て頂けるようにお話します。守秘義務があるため、詳しい状況はお伝えできませんが、今回のようなご依頼は遺品の整理でよくあるケースです。

遺品整理会社の当店にご相談を頂きましたお客様の声から。

•突然のことで戸惑うことが多かった。故人の部屋を自分で行うには、思った以上に時間がかりそうなので、代行業者に依頼することにした。

•母の49日後に形見分けを決め、法要が済んだ後に片付けと不用品までを行っている、志木市周辺の業者を探していた。

•両親が身に着けていた洋服などを業者に、ゴミのようにがさがさと扱われたくない。

•自宅の不用品の回収とは違い、大量なものを片づけるため、業者に依頼することを考えていた。

•遺品整理業者の特徴と口コミを見て。

•安心できそうな埼玉県内の業者を探していたところ、地域新聞で知り依頼した。

遺品整理


たくさんのお客様の声をいただいています
日経ビジネスオンラインなど、数多くのメディアに取り上げていただきました
故人の想いを遺族に紡ぐ(店長著書より)大手出版社で実績を評価いただきました
遺品整理をお考えの方、今すぐご連絡下さい
tel:048-471-0840
受付時間:平日8:00~20:00土日祝9:00~18:00
時間外はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

指定業者あいおい生命

■業務内容
遺品整理代行 片付け 埼玉県 東京都対応(一部の地域を除く)

■業者 志木市内のコラム。ご遺族に対し良心的な金額で親切、丁寧、安心できて評判がいい口コミの業者をモットーに、元ホテルマンの店長が生前整理と実家の片付け、不用品の回収も担当します。故人のジュエリー・指輪・ネックレス・腕時計などの形見分け、相続後に父、母、姉妹、ご兄弟、叔父、叔母、祖父母、親族のご両親などの遺品を整理する際に、業者の相場料金を知りたい遺族の方、ぬいぐるみ・雛人形・五月人形・お仏壇なども回収しています。供養が必要なものやケースを熟知、最近では供養が必要だと、力説する業者も散見されますが、過去1750件の故人の部屋の作業をしてきた経験から、本当に供養が必要な状況と遺品を熟知しています。

志木市内には当店の本社がありますが、日本ではすべての市の中で7番目に小さい市です。実は、この話はスタッフも知りませんでしたが、遺品がある部屋の整理と片付けの見積り料金を提示しにいったときに、お客様から伺いました。“名乗るまでには、様々な紆余曲折があったと言われています。この地名は、1874年の明治の大合併時にと定められたものを、町名に直して決定となりました。ちなみに“志木宿”と定められるまでの経過が一番難しかったそうです。引又宿”と“舘本村”の間で、地名をどうするかの諍いが起きてしまいました。繁栄に大きな影響を与えた“引又”と、歴史的に村の中心であった“舘本”の間には、それぞれ合併しても譲れないプライドのようなものがあったのかもしれません。そういった経由があり、今の名前があります。穏やかに流れる柳瀬川周辺の舘地域でも、その時々の背景があったのだと改めて感じました。また、春の桜の時期には埼玉県内でも穴場と言われている、柳瀬川周辺は例年県内からも多くの方が訪れます。志木市内 故人の遺品整理、相続された実家を片づけ、回収作業まで無休で行っています。安心価格の当店まで、お気軽にご連絡ください。

■主な対応地域

Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ