蕨市で遺品整理代行 回収業者にご相談をお考えの遺族の方

  • 故人との思い出を何より大切に。作業効率でなく、丁寧さを徹底いたします。遺品整理の埼玉中央
    故人との思い出を何より大切に。作業効率でなく、丁寧さを徹底いたします

埼玉で16年続く、適正相場料金の業者です。故人の部屋のご相談は、まずはお電話ください。

蕨市 対応

蕨市で遺品整理をお考えの方へ

遺品は故人と遺族の絆。その想いを大切にする遺品整理

店長:内藤

私は、以前ホテルの仕事に16年間勤めていました。

その時期に父親を亡くし、そのとき初めて遺品整理を経験しました。
それがきっかけとなって、ホテルマンから「遺品整理業者」になりました。
私たちがお伺いせて頂く故人の部屋には、それぞれ生きてきた証し、ご遺族と故人を紡ぐさまざまな遺品が遺っています。

遺品になった途端に整理が進まなくなるご遺族が多いなか、関東で、いち早く遺品整理サービスを行ってきた店舗として、ご遺族にとって故人との最後のお別れの場に、感銘して頂ける有意有るものにとなるよう努めてまいります。


初めての方へ・ご遺族の疑問にお答えします。 生前整理についてよくあるご依頼内容
今まで、1875件のご相談事例 個人情報を大切に守ります

参考費用

参考費用

50,000円~

間取り 1K 作業員 2名
参考費用

140,000円~

間取り 2DK 作業員  3名
参考費用

210,000円~

間取り 3DK 作業員  4名

≫ 費用の目安はこちら

遺品整理をお考えの蕨市のお客様からよく頂く質問。

・遺族が作業の日の指定をするには、いったい何日前位までに頼んだらいのでしょうか?

・遺品整理の費用については、土日や休日と、平日では料金は違いますか?

・蕨市内の病院で親戚が亡くなりました。遺品の形見分けはすでに済ませ部屋のなかは、 故人が生前に住んでいたままの状態になっています。依頼する際には、何をしておくべきか知りたいです。

・遺産や形見の分配後、実家の部屋の整理も兼ねて片付けることにしました。(お客様の声より)

・お仏壇などは回収できるのでしょうか。

・しばらく空き家にしていた亡くなった祖母の家を、取り壊すことになったので、遺品を整理することにしました。(お客様の声より)

遺品整理


たくさんのお客様の声をいただいています
日経ビジネスオンラインなど、数多くのメディアに取り上げていただきました
故人の想いを遺族に紡ぐ(店長著書より)大手出版社で実績を評価いただきました
遺品整理をお考えの方、今すぐご連絡下さい
tel:048-471-0840
受付時間:平日8:00~20:00土日祝9:00~18:00
時間外はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

指定業者あいおい生命

■業務内容
遺品整理代行 片付け 埼玉県 東京都対応(一部の地域を除く)

■昔の街並みが残る街、蕨市 業者 回収 コラム。良心的な金額で親切、丁寧、ご遺族が安心できて評判がいい口コミの業者をモットーに、元ホテルマンの店長が運営しています。相続、ジュエリー・指輪・ネックレス・腕時計などの形見分け後に、父、母、姉妹、ご兄弟、叔父、叔母、祖父母、親族のご両親など遺品を整理するため、業者の相場料金を知りたいご遺族の方、ぬいぐるみ・雛人形・五月人形・お仏壇なども回収します。ご遺族の思い出がある状況の部屋で、故人の遺品の品々を整理します。供養が必要なものやケースを熟知、最近では供養が必要だ、力説する業者も散見されますが、過去1750件の故人の部屋の作業をしてきた経験から、本当に供養が必要な状況と遺品を熟知しています。生前整理も賜りますので、ご不明な点はご遠慮なくお問合せください。(店長 内藤)

 
全国で最も面積の狭い街と言われる蕨氏は、さらに区や町などを含めても、10番目に入るほど小さな地域です。その所為かどうかは定かではありませんが、人口密度が高いのも特徴です。ただ、遺品整理で蕨市を訪れるたびに、17号線を走っていても目にすることができる、宿場町の面影もあります。郵便局の前にある分館は資料館があり、明治時時代に建てられた土蔵のないにある、わらび文庫など文化的に保存されているものが多くあります。以前、部屋にある遺品の整理と不要になった、家電類を片付け回収を終えた後、市内でも有数な中華料理に立ち寄ったことがありました。名前は東晶大飯店さん、ときおり、テレビで紹介されることもありますが、古いしきたりと伝統を感じる趣があるお店で、料理がとてもおいしかったと記憶しています。また、蕨は現在でも毎年行われている成人式のルーツでもあります。そんな市内は宿場の面影を保存し維持しながら、街並みと調和がとれている、ところだと故人の遺品回収などで訪れるたびに感じます。
■主な対応地域

Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ