形見分けの時期はいつ?

親の形見分けの基準

Category: デイリー

形見分けの時期と遺品整理

このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀、四十九日を済ませた後に皆さまが考えるのは、遺品の整理と形見分けです。

形見分けはどのような「時期」に行い「何を」遺族の方が持ちかえるケースが多いのか?
ここでは、今まで2000件の遺品整理の立会を行ってきた店長が、事例をご紹介します。

ときどきご相談されるケースで「両親の遺品整理をするため、形見分けの時期はあるのでしょうか?」ご連絡を頂きます。

明確な決まりはありませんが、よくご遺族の方から聞くことは、葬儀の後にひと段落した後、四十九日法要等で兄弟・叔父叔母親族が実家に集まった機会が時期だったと伺います。

その理由は「何を形見」にするか、わからない、決められないことが多いなかで、叔父・叔母などから「そうそう、お母さんこのバックをとてもきにいっていたわね。」

親の形見分け 遺品整理

生前、両親が「大切にしていたもの、想いいれがあったもの」を聞くことができることがあるからです。

親の遺品整理が進まない理由の1つに、何を形見分けに持ちかえるか決められないことがありますが、兄弟・親族が親の部屋に来たとに形見が決まることもあります。


多くの方の場合、膨大な遺品を目の前にして「両親が気に入っていたもの」がわからないと、遺品の整理が進まずに形見として持ちかえる品に思い悩みますが、まわりの方に聞いてみることによって、自分が気づかなかった持ち物がわかることがあります。

すると、ひとりで迷って判断することができなかったことから、その言葉に後押しされ形見を決めたとご遺族からの話を何度となく聞いています。

また、ときには介護ホームで亡くなった方の遺品整理をご遺族立会いで行っている際に、介護職員の方、隣に入居されている方から、生前におばあちゃまが大切にしていた品を聞くこともあります。

形見にした祖母のアルバム
実家の遺品整理は、思ってもいなかった大変な作業になります。

そのため、整理を進める際には、形見分けも含め、けっしてひとりで抱え込まないようにしてください。

ご兄弟がいればその方達、周りの方達などと、一緒に部屋に入ることをお勧めします。

遺品整理の埼玉中央公式サイトはこちらです

遺品整理の埼玉中央店

スマフォの方、タップで電話できます ⇒048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)
公式PCサイトでも当店の特徴と料金を詳しく説明していますので、
よろしければご参考ください ⇒ 遺品整理のさいたま中央店

地域別

このエントリーをはてなブックマークに追加