さいたま市 親の終活生前整理 業者

実家終活 生前整理 川越市 所沢市 川口市周辺から依頼。

Category: デイリー

終活生前整理

このエントリーをはてなブックマークに追加

「終活」と「生前整理」について、今まで2000件の遺品整理と生前整理を行った店長が具体的な事例をご説明します。

【生前整理】で緊急性があるとき

時間がある場合には、残すものの整理し比較的長いスパンで行いますが、ここでお伝えする緊急性とは、主に引越しを前提に行うことを指します。
その前提とは「介護施設に入居していた方が実家に戻るケースと逆に実家から介護施設に移るときです。」

介護施設に移るときは「ご高齢のため、自宅の階段の昇り降りが難しくなり、ホームに入居するため、今まで使った生活用品を含めて「生前整理」になります。

終活生前整理 さいたま市事例

ご両親の生前整理で、よく業者に依頼がある状況をマンガで詳しく解説

ご本人が生前整理で緊急性がない場合

残すもの整理
現在使用している生活必需品のほか、想い入れがある品などを選び急がず行います。

処分するもの整理
生前整理では、主に3年以上使っていないものが処分される傾向があります。
その理由は「3年以上目に触れなかったモノは使われる可能性が」少ないと言われているからです。そのため、使わなくなった布団、衣類、家電などの電化製品を業者に依頼される方がおられます。

終活生前整理 川越市現場          (※画像は作業イメージです。)

特に緊急性が無い場合には、晴れの日を選んで行うようにしてください。
部屋の埃で窓を開ける必要があり、湿気が強いようなときにはモチベーションが下がり着手が進まないことが多いからです。

【終活・生前整理】

終活でまず必要なのは「残された人への引継です」
そこには「財産のこと、葬儀に呼んでほしい人、家族への想い」などがあります。

ここでは財産のこと、今後増えるデジタル遺品を中心にお伝えします。

遺品整理の現地では「遺族の方が知らなかった故人が遺した預金通帳が、平均2,3冊見つかります。
その理由のひとつに今の時代と違い、昔は同じ銀行に複数の口座を設けることができ、また会社員の方が勤務先の近く、転勤先で口座を作った背景があります。

終活生前整理 預金通帳

 

また相続に関わる財産(貴金属類・株券など)で、故人が保有していた株を遺族が知らなかったケースも散見されますので、もしものときに備え、誰かに伝わるようにしてください。

【デジタル終活とは?】
故人の方が残したパソコン・スマフォの「暗証番号がわからない」最近、遺品整理の現地でご相談いただくことが増えてきました。

また、キャッシュレスが進み、スマフォ内にデータが集約されているなか、ご遺族には「パスワード問題」が立ちはだかります。

デジタル終活
ネット銀行、ネット証券、○○ペイなど資産情報が一元化されていることも多いため、最近では「終活にはパスワードを残しておくこと」が大切です。

最後に、ご本人が「終活生前整理」を行うときには、写真・アルバムのことにも目をむけてください。遺品整理の現地で「ご遺族」の方が処分することに躊躇するものには、写真、アルバムがあるからです。

遺品整理の埼玉中央店

スマフォの方、タップで電話できます ⇒048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)
公式PCサイトでも当店の特徴と料金を詳しく説明していますので、
よろしければご参考ください ⇒ 遺品整理のさいたま中央店

地域別

このエントリーをはてなブックマークに追加