親の遺品娘さんひとり

遺品整理がつらい理由

Category: デイリー

親の遺品整理つらい..

このエントリーをはてなブックマークに追加

長女の方などが「娘さんが親の遺品整理をひとりでしていると」なかなか進まないことがよくあります。ご両親との思い出がよみがり懐かしさと寂しさが交差することがあります。

そして遺品の整理がつらい、進まない理由に「気持ちの整理がつかない、何を残したらいいか分らない、親の遺品を処分する罪悪感」を感じるからです。

親の遺品整理がつらい

以前に作業させて頂いたご遺族の方の話があります。
「賃貸物件を引上げることになったので、母が住んでいた部屋を見に来てください」親の遺品をひとりで整理していた娘さんよりご連絡を頂きました。

アパートに伺うと2DKの部屋は、綺麗に掃除が行き届き「掃除業者」が入ったようにぴかぴかの部屋でした。
40代の娘さんは結婚後に、母親が住んでいるアパートに引越しをしてきたと伺いました。

親の遺品が捨てられない さいたま市業者ブログ
お母さまは亡くなってから2年間の月日が経っていたと聞きましたが、ご主人の了解を得て家賃を2年間支払っていたと伺いました。

「母が遺した遺品をできればそのままにしておきたい」
「母が身につけていた衣類をひとりで見るのがつらい」とおっしゃいました。

今まで2000件の作業を行い、それぞれのご遺族の方と対話させていただいたなかで、遺品整理を進めるに手順及び時期があります。


1.遺品整理を行う際に注意すること

「けっしてひとり」で行わないようにしてください。冒頭の事例で「娘さんがひとりで親の整理」を行おうとすると、誰もいない部屋でご両親の遺品を見て、いろいろな想いがよみがえり進むまなくなることが多いからです。

そのため、実家に戻る際には身内の方、まわりにいる方とひとりではなく出来るだけ一緒に部屋に入るようにしてください。

2.遺品整理の時期はいつごろか

最も多いのは法事のタイミングに合わせ、親族が集まる49日、一周忌などに、
遺品整理をしてはいかがでしょうか。
みんなで思い出を話して整理してみると、少し気持ちが落ち着くかもしれません。

3.自分で行うか、業者に頼むか

どちらに良しあしはありません。「親の遺品を自分で整理したい」と思う方々もおおくいらっしゃいます。

業者に依頼される方々は「遠方に住んでいたり、量が膨大なので自力では」難しいケースです。また業者はつらいお気持ちを理解していることが多いので、他のご遺族のケースなどを聞いて少し気持ちの変化が現われることがあります。

親の遺品を捨てる罪悪感
どちらを選ぶにせよ、形見分けなどで初めて遺品の着手する際には、できれば「ひとりで」はなく「周りの方」と話をできる環境で部屋に入ることをお勧めします。

遺品整理は最後のお別れの場です。
そこに同席させていただければ、何よりの幸せに思います。

ご不明点やご質問があれば、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

遺品整理の埼玉中央公式サイトはこちらです

遺品整理の埼玉中央店
スマフォの方、タップで直ぐ電話できます ⇒ 048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)

遺品整理の埼玉中央店

スマフォの方、タップで電話できます ⇒048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)
公式PCサイトでも当店の特徴と料金を詳しく説明していますので、
よろしければご参考ください ⇒ 遺品整理のさいたま中央店

地域別

このエントリーをはてなブックマークに追加