親の遺品を捨てられない

このエントリーをはてなブックマークに追加

top_main

(※守秘義務の観点からお客様が特定できないよう脚色してありますので、
ご安心ください。)

「親の遺品が捨てられず、3年間経ちました」今まで2000件以上の作業を行ってきましたが、よくご相談をいただきます。

その理由の1つには、生前はしばらく親が使っていなかった衣類・スーツなど、子供にとって不要に見えていたものまでが、遺品になった途端に光景が変わるからです。

以前に作業をさせて頂いたお客様の話があります。「両親が使っていた、遺品を業者にゴミのようにガサガサと扱って欲しくはない  そう思って、母の遺品整理を躊躇していました。」作業後に、頂いたアンケートの最後の文章に書かれてありました。

ご利用いただいたアンケートはこちらです。

初めにお電話で、「両親が住んでいない実家の遺品整理をお願いしたいので、現地に来て下さい。」後日、某さいたま市内のご実家に伺いました。

実家は誰も住まなくなって、3年近く月日が経っていると現地で聞きました。

親の遺品が捨てられず3年近く経っていた部屋

「なかなか気持ちの整理がつかなかったのですが、今回実家を売却する事に決めたため、今回お願いすることにしました。」その様に伺い作業に入らせて頂きました。

ご依頼頂いた お客様が幼少から使っていた部屋は、いつも亡くなったご両親が正月等で実家に訪れた際に、いつでもくつろげるようにと部屋の中が、整理されていて綺麗でした」

大切な想いには「部屋そのものの光景と手にする遺品があります」

親が使っていた遺品の家具が捨てられない

親の遺品が捨てられないのは、親が使っていた品を捨てることに罪悪感を感じ「当時の想い出もよみがえる」からです。

実は、私自身も29年前に父親の遺品を整理した際に、同じ気持ちになりましたので、よくわかります。

そんなときは「生前にご両親が気に入っていた品、外出先にでるときによく使っていた品」を思いだしてください。

父親が愛用していた帽子
直ぐ思い浮かばなくても周りを見渡すと何かがあるはずです。
その品物に目を向けるように」してください。

そして、遺品整理をするときは部屋に置いたままにして、最後に持ちかえるようにことを考えてください。少し気持ちの変化が現われることがあります。

遺品整理は最後のお別れの場です。
そこに同席させていただければ、何よりの幸せに思います。

ご不明点やご質問があれば、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

遺品整理の埼玉中央公式サイトはこちらです

遺品整理の埼玉中央店
スマフォの方、タップで直ぐ電話できます ⇒ 048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)

遺品整理の埼玉中央店

スマフォの方、タップで電話できます ⇒048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)
公式PCサイトでも当店の特徴と料金を詳しく説明していますので、
よろしければご参考ください ⇒ 遺品整理のさいたま中央店

地域別

このエントリーをはてなブックマークに追加