お客様に安心してご利用いただけますよう埼玉で23年の老舗、元ホテルマンが気配りします 遺品整理・生前整理の埼玉中央店|さいたま市 遺品整理業者 2000件の作業実績、元ホテルマンが運営する遺品整理業者です。著書も多数!店長内藤がフルサポートします

遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840 受付時間:平日8:00-20:00 土日祝9:00-18:00

亡くなった人の物は処分したほうがいいの?遺品整理で罪悪感を感じる方へ

遺品が家族の絆をつなぐ!お客様に安心してご利用いただけますよう埼玉で23年の老舗、元ホテルマンが気配りします 遺品整理・生前整理の埼玉中央店|さいたま市 遺品整理業者
遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840 受付時間:平日8:00-20:00 土日祝9:00-18:00 営業時間外メール
2150件の作業実績、元ホテルマンが運営する遺品整理業者です。著書も多数!店長内藤がフルサポートします

亡くなった人の物は処分したほうがいいの?遺品整理で罪悪感を感じる方へ

亡くなった人の物は処分した方がいい

初めて遺品整理を経験される方は「亡くなった人の物を本当に捨てていいのか?」、感情が揺さぶられ、手がつけられなくなってしまう方もおられます。
ただ、結論からお伝えすると早めに処分した方がいい理由があります。実際には遺品を早めに整理することは、新しい生活を始めるための大切な一歩です。

この記事では、遺品を早めに処分する理由やその方法、整理する際の心構え、さらには専門業者の活用ポイントなどについても詳しく解説します。

罪悪感を感じながらも遺品整理が必要だと考えているあなたが、少しでも前向きに進められるよう、ぜひご参考にしてください。

記事監修者記事作成者プロフィール

亡くなった人の物を早め処分した方がいい理由

亡くなった人の物を早めに処分するべき理由

遺品整理は、家族との思い出や気持ちの整理をつけるために大切な問題です。新しい生活を始めるためにも、不要なものを処分して整理整頓された環境を整えることが重要です。
さらに、持ち家を長期間放置すると空き家のリスクが高まり、火災保険に加入しづらくなるなどの危険性も伴います。

遺産を把握するためにも早めの整理が重要で、特に郵政民営化前の郵便貯金や生命保険など、期限を過ぎると権利を失うものもあります。家の売却や有効活用を考える上でも、早期の遺品整理は欠かせません。亡くなった人の物を早めに処分するべき理由を1つ1つ詳しくご説明します。

気持ちの整理をつけるため

遺品整理を行う主な目的の一つは、故人との思い出を振り返り、それを通じて気持ちの整理をつけることです。故人が使用していた物品は、家族にとってはただの物ではなく、共に過ごした日々の象徴です。

故人の物を一つずつ手に取ることで、その人との思い出が蘇り、それによって悲しみが癒されることもあります。

一方で、遺品整理を長期間先延ばしにしてしまうと、遺品が家族にとって精神的な重荷となり得ます。

親が身に着けていた衣類

時間が経つにつれ、整理することへの罪悪感や悲しみが増してしまい、気持ちの整理がさらに困難になることがあるからです。
早期に遺品を整理することで、故人との美しい思い出を大切にしながら、心の負担を軽減し、前向きな気持ちで新たな日々を迎える準備ができます。

新しい生活を始めるため

遺品整理は新しい生活の第一歩として非常に重要です。亡くなった方の不用品が家に残っていると、過去にとどまりがちになり、新たなスタートを切るのが難しくなります。

故人の物を適切に処理することで、空間に新鮮な空気を取り入れ、生活環境を整えることができます。亡くなった方の物を早めに処分する理由は、未来に向かって一歩踏み出しやすくなるからです。

空き家リスクと火災に対する備え

持ち家に遺品が残っている場合、整理が後回しになることもありますが、長期間そのまま放置すると、空き家となりさまざまなリスクが生じる可能性があります。

空き家の放火ニュース

空き家は不法侵入などの被害を受けやすく、火災保険に加入しづらくなるため、特殊な火災リスの発生も高まります。

早めに遺品整理をして家を使える状態に保つことで、家そのものの価値を守り、不要なトラブルを解消することができます。財産の保全や安全を考える上でも、早めの対応が重要です。

故人の財産を把握する必要のため

遺品整理を先延ばしにすると、故人の財産が適切に引き継がれない恐れがあります。例えば、郵政民営化前の郵便貯金は、誰も気づかないまままに「20年2ヶ月」以上経つと受け取れる権利がなくなります。また、生命保険も3年以内に請求しないと受け取れません。

さらに、故人の部屋には借金や各種契約などの負の財産が隠されていることもあり、知らずに引き継ぐと後々トラブルになりかねません。早めに整理をして故人の財産を把握することで、必要なものを確実に受け継ぎ、不要なリスクを避けられます。

なお、こちらに関しては、サイト運営者の内藤の著書の中でも、詳しく解説してます。
親の財産を見つけて実家をたたむ方法

親の財産を見つけて実家をたたむ方法

また、自宅などにエンディングノートや遺言書が残されていれば、亡くなった人の財産の把握がより迅速に行えるため、早めに整理を始めることをおすすめします。

家の売却・部屋の活用

家を売却する際には、早めに遺品を処分することが重要です。亡くなった方の部屋は、戸締りが行われることで空気の入れ替えが難しく、長期間放置すると湿気やホコリによって家が傷みやすくなります。

特に空き家となると管理が行き届かず、家が傷むことが多いので不動産価値が下がる可能性が高くなります。

空き家の家

もし売却しない場合でも、遺品整理を早期に進め、空気の入れ替えをしながら空間を整えることで、部屋の新たな利用法が見つかります。また、早めの処分によって不動産の価値を保ち、その空間を再活用することができます。

捨てられない状況を乗り越えるための知識

捨てられない状況を乗り越える方法と知識

確かに、亡くなった人の物は処分した方がいいのですが、一方で遺品整理は心理的な負担も大きいため、それを進めることは容易ではありません。その原因として、特に大切な人の物を手放す際、多くの方が強い罪悪感や悲しみを感じることが挙げられます。

ただ、おすすめの手順と対策を取ることで、気持ちの負担を軽減し、この困難を乗り越えることができます。この記事では、具体的な方法・知識をご紹介します。

気持ちの区切りがつくまで無理をしないこと、少しずつ進めること、形見分けを行うこと、そして必要であれば遺品整理業者」に任せる方法です。これらのことを参考に負担を軽減し、遺品整理をスムーズに進めてください。

気持ちの区切りがつくまで無理しない

遺品整理に決まった時期とタイミングは設けられていません。よくあるケースは、家族や親族関係者が集まる四十九日の後など、自然と遺品を整理する良い機会となります。

このような時期は、共に過ごした思い出を振り返りながら、心の準備ができたと感じることが多いからです。ただし、無理に進めず、感情の整理がつくまでゆっくりと時間をかけることが秘訣です。

少しずつ進める

遺品整理を行う際、全てを一度に片付ける必要はありません。自分がストレスを感じにくい物から始め、徐々に進める方法が最適です。

例えば、自分の部屋の整理から始めたり、故人の部屋の食器類など、比較的感情的な負担が少ないものを先に片付けると良いでしょう。この段階的な手順は心理的なプレッシャーを軽減し、遺品整理の工程を進めやすくします。

形見分けをする

故人の遺品には、多くの特別な思い出や感情が込められています。すべてを捨てる必要はなく、貴重な記念品や思い出の品は、形見として家族・親族や故人が生前親しくしていた友人に分けることができます。

これにより、故人とのつながりを感じながら、整理の負担も軽減されます。形見分けは、故人への敬意を示す意味でも非常に意義があります。

専門業者の存在

遺品整理が進まない場合、専門の業者に依頼するのは効果的な選択肢です。プロに任せることで、感情的な負担だけでなく、時間と労力も軽減できます。
業者は専門知識を持っているので、効率的かつ配慮のある対応が期待できます。必要に応じて、遺品整理をスムーズに進めるためのアドバイスもしてくれる業者もいます。

遺品整理で罪悪感を感じる遺品の注意点

遺品整理で罪悪感を感じる遺品の注意点

遺品整理で特に捨てづらいと感じるのが、故人の衣類写真・アルバムです。これらの品物は、故人の姿やエピソードを思い出すきっかけとなり、捨てるときに罪悪感を抱くことがあります。

衣類は形見分けや寄付の方法も選択肢として検討でき、また写真・アルバムについては故人の人生を振り返る大切な遺品であるため、デジタル化して保存するのも一つの方法です。次に、これらの遺品の整理における具体的な注意点や対処法について解説します。

故人が身に着けていた衣類の対処法

故人の衣類を整理する際には、思い出に浸りつつ慎重に進めましょう。すべてを処分する必要はなく「形見として残す服や、他の人に寄付する」服を選ぶ方法もあります。

故人の衣類

寄付は他の人々に役立ててもらうことで「故人の遺志を受け継ぐ」ことになります。リサイクルの買取業者に預けるのも、同じ理由で役立ちます。また、写真を撮っておくと、実際に手元になくても思い出をしっかりと保てます。

衣類を捨てる際の注意点

故人の衣類を捨てる際、ポケットや隠れた場所に貴重品が残っていることもあるため、しっかりと確認することが必要です。これには、金銭や身の回りの小物、重要な書類などが含まれます。
こうした遺品が見つかれば、さらに慎重に対応し、必要に応じて適切な保管・処分方法を考えましょう。

故人の写真・アルバム

写真やアルバムは、最初から「残すもの・形見にするもの・処分」の仕分けをしようとせず、まず全体を眺めてみることが重要です。これは故人の人柄や人生を振り返る良い機会になります。

遺品整理で写真・アルバムの整理
思い出の品として残す写真はデジタル化して保存することで、スペースを取らずに保管できます。また、不要な写真は自治体のゴミ捨てルールに従って処分するか、業者に依頼するのも選択肢の一つです。

亡くなった人の物の処分の進め方の秘訣

亡くなった人の物の処分の進め方

罪悪感を感じたり、先延ばしにしたい気持ちは皆さん一緒です。ただ、遺品の中には故人の財産が紛れていることもあるため、適切な処分が重要です。次の秘訣を参考にしながら、少しずつでも進めていきましょう。

故人に届いた郵便物の確認

遺族は故人の全ての資産を把握するのが難しいことが多いです。故人の部屋で見つからない預金通帳や、株式証券などの財産関連の書類が郵便物から見つかることがあります。

金融機関から届いた郵便物

また、未払いの請求書など、負の遺産を見落とすリスクもあるため、遺品整理時には届いた郵便物の確認を徹底することが重要です。これにより、故人の財産や負債を正確に理解し、適切に対応することができます。

処分が難しい写真のデータ化

大量の写真やアルバムは保管スペースを大きく取るため、形見として持ち帰るには限りがあります。ただ、先ほどお伝えしたように、感情的に処分が難しい場合も多いです。そのため、遺品整理業者としておすすめしたいのは、デジタル化して保存する選択です。

捨てずらい写真・アルバム

注目すべきは、写真をデータ化するサービスを提供する業者が増え、大手カメラチェーンの取り扱いが増えていることです。最新の情報を遺品整理業者に尋ねることで、最適な方法を見つけるための知識が得られます。

神棚・雛人形の処分方法

仏壇・神棚・雛人形は供養する方法があります。特に神棚などは供養を扱う神社へ相談したり、遺品整理業者へ依頼すると手続きを代行してくれるケースもあります。また、雛人形は、さいたま市内にある、岩槻人形協同組合で適切に処分してくれます。(供養の証について詳しくお知りになりたい方は、岩槻人形協同組合にお問合せください。)

サイト内 関連記事:遺品整理 雛人形の処分について

寄贈のアイデア・ルール

雛人形の処分方法をお伝えしましたが、雛人形を寄贈することで、人形が次世代に引き継がれます。介護ホームや保育施設などで活用されることがあります。寄贈するアイデアによって故人の思い出が他の人に受け継がれるケースです。

施設によって受け入れ状況が異なるため、事前に問い合わせることをおすすめします。それぞれの施設で独自のルールがあるため、事前に確認しておくことが重要です。
適切な寄贈先を見つけることで、大切な遺品が新たな場所で活躍する機会を提供できます。

形見分け、リメイクで蘇る思い出

故人が身に着けていた着物や洋服は、形見としてリメイクすることも可能です。バッグやポーチなど、使いやすい形にリメイクすることで、日常的にその思い出を身近に感じることができます。

リメイクを手掛ける業者は、着物や洋服の素材を生かした新しいアイテムに仕立ててくれます。故人との思い出を常に身近に感じながら、生活の一部として遺品を生かすことができます。

着物を小物にリメイク

遺品整理の方法は多様ですので、「寄贈・リメイク」を含むいくつかの選択肢を検討することもできます。ご自身に合った方法を見つけるための秘訣は、無理なく自分のペースで進めることです。また、適宜専門家のアイデアを求めるのも効果的です。

自力で出来ないときは専門業者に相談

自力で出来ないときは専門業者に相談

遺品整理は心身ともに負担の大きな作業です。亡くなった人の物の処分で進まなかったり、膨大な荷物の整理には多くの時間と体力が求められます。専門業者に依頼することで、これらの負担を軽減し、作業を効率的に進めることが可能です。

遺品整理部屋
経験豊富なプロに任せることにより、大切な書類・契約書・通帳などの品物を誤って処分するリスクも低減されます。部屋のクリーニングなど追加サービスも含めた全面的なサポートが提供され、安心して整理を任せることができます。

気持ちの負担が軽減される

遺品整理は、想像以上に精神的な負担が大きい作業です。
できれば早く整理したいと思いますが、亡くなった方の「思い出やエピソードが詰まった遺品」と向き合うことは、感情的に辛い時間となることもあります。

遺品整理がつらい

信頼できる専門業者に依頼すれば、気持ちの負担を軽減できるメリットがあります。経験豊富なプロのサポートにより、悩んだり躊躇することなく整理を進めてもらえるので、スムーズな作業が可能になります。自分の気持ちに寄り添いながらも効率的に片付けてくれるため、サポートとしても非常に役立ちます。

時間的・体力的負担を軽減できる

遺品整理には、多くの荷物を仕分け、処分するための時間と体力が必要です。この作業は非常に困難であることが多いです。専門業者に依頼することで、時間的・体力的な負担が大幅に軽減されます。

大量な遺品

経験豊富な業者はプロの視点で手間をかけて仕分けを進め、大量の遺品を片付けていきます。また、限られた時間で作業しなければならない場合や、体力的に難しい方にも頼りになります。

遺品整理で誤って捨ててしまうリスクが減る

遺品整理は多くの方にとって初めての経験です。そのため、何を残し、何を捨てるべきか判断に迷うことが多く、大切な書類や品物を誤って処分してしまうリスクがあります。

信頼できる専門業者に任せることで、このリスクを大幅に減らすことが可能です。プロは重要な書類や思い出の品物を丁寧に見分け、整理方法もアドバイスします。誤って捨ててしまって後悔することがないよう、プロの目線でしっかりと進めていきます。

当店関連ブログ: 遺品整理 捨ててはいけないもの書類、注意点

遠隔地に住んでいても安心

遠くに住んでいても、専門業者に遺品整理を依頼すれば安心です。専門業者は、遠隔地に住むご遺族の事情を理解し、柔軟に対応します。

お客様の希望に基づいて、部屋の写真や進捗報告などを適宜提供し、整理が完了した後の報告書も送付します。依頼者の信頼を得るためのコミュニケーションを重視し、離れていても安心できるサポート体制を整えています。

遺品整理以外のことも依頼できる

専門業者は遺品整理以外にも、部屋全体のクリーニングや部分的な清掃も提供します。家全体のハウスクリーニングから、特定の場所の掃除、たとえばお風呂場、洗面台、トイレなどの徹底清掃まで対応が可能です。

作業完了後の掃除

遺品整理と併せて依頼することで、部屋全体を清潔で快適な状態にすることができます。プロの技術でしっかりとした清掃を行うため、安心して依頼できるサポートが期待できます。

まとめ:亡くなった人の物

遺品整理は、亡くなった人の思い出やエピソードが詰まった品物を整理するため、精神的にも体力的にも大きな負担となりがちです。ただ、心の整理や故人の遺産の把握などを考えると、亡くなった人の物は整理した方が良いでしょう。未来への一歩を踏み出すために、これは必要なステップです。

皆様が無理のないペースで整理を進める際に、この情報がお役に立てれば幸いです。

大変でお困りの際は埼玉中央店に相談下さい

亡くなった人の物の整理は大変さと疲れが伴うことが多く困難さを感じることがあります。私たちは、一つ一つの手続きを丁寧に進めて参ります。

遺品整理の埼玉中央店の特徴は次の通りです。
・20年以上の店舗運営と2,150件以上の現場経験
・お客様の悩みとご希望に応じた柔軟なサービスをご提供
・料金は明瞭で、追加費用は一切無し
・数多くのお客様の声と実績

たくさんのお客様からの感想をいただいております。

元ホテルマンの店長が、丁寧に進めさせていただきます。

サイト運営者

TEL 048-471-0840

年中無休 電話受付:平日8:00-20:00 土日祝日9:00-18:00 時間外無料 見積もりメール 24時間 可能(※営業エリアはお気軽にお問合せください。)

関連リンク一覧 : 遺品整理 捨ててはいけないもの書類、注意点親の遺品整理 いつから  親の形見分け 時期

よくある遺品整理ご質問

私たちの遺品整理サービスには、他社にはない3つの特徴があります

1.2002年に初めて遺品整理を行い「関東で一番初めに」、遺品整理に特化した店舗を開始しました。

そのため、他社にはない、2150件以上の作業経験があります。

今までの経験から、遺品整理を進める上での注意すべき点を把握しています。

また開業以来、作業効率ではなく丁寧さを徹底し、たくさんのご感想を頂いております。
お客様 直筆アンケートはこちら

今までの経験を踏まえ、初めて遺品整理を経験されるお客様に、23年以上ご満足いただける店舗運営を続けています。

2.元大手ホテルマンの店長が実家の遺品整理を自ら経験したことです。
今では多くの業者が存在しますが、運営者が自身の遺品整理を経験したケースは殆ど聞きません。

大手ホテルで、サービス業を学んだ店長が、自身で遺品整理を行った経験を原点に「ご遺族に寄り添う」作業を続けています。

ホテル業界出身の遺品整理業者は、他の業者にはないのが特徴です。

3.店長の内藤が御見積から当日の作業まで一貫して行います。
理由は見積りに伺った担当者は遺族のご要望を伺っています。

業者によっては、見積り担当者と作業員が違うことがありますが、それではご遺族の要望が伝わりづらいことがよくあります。
元大手ホテルマンの店長が、ホスピタリティ経験豊富なスタッフともに作業します。

元ホテルマンが運営する 遺品整理の埼玉中央 直通電話 店長が直ぐにお電話で対応します。
☎︎ 048-471-0840
受付時間:平日8:00〜20:00
土日祝 9:00~18:00

料金が決まる基準は3つです。

1.基本作業代金=作業員の人件費
2.処分代金=処分費にかかる代金
3.故人の部屋の状況です

間取り別料金相場

1DK 2名 70,000円~
2DK 3名 150,000円~
3DK 4名 220,000円~

店長が必ず見積り伺い対応しておりますので、ご不明な点はお気軽にご連絡ください。
遺品整理の埼玉中央 料金表
価格は最安値と断言できませんが、常にリースナブルな価格で提供しています。

遺品整理の埼玉中央 直通電話 店長が直ぐにお電話でお答えします。
☎︎ 048-471-0840
受付時間:平日8:00〜20:00
土日祝 9:00~18:00

2002年には、遺品整理の店舗は関東に1社も専門業者はありませんでしたが、最近では「比較的容易」に取れる「民間資格」などを取得して「異業種」からの新規参入業者が多く存在します。

ただ、遺品整理を本業としていない業者も存在します。
こちらで、お客様に分かりやすく、見分け方をお伝えします。

遺品整理業者の見分け方

1.遺品整理が「本業ではない業者ホームページの特徴は」、ページ内に遺品整理以外の写真が多く入っています。
例えばリフォーム工事などが本業であれば「リフォームまで行います!」などの表現が、サイトに散りばめられています。
それ自体は悪いことではありませんが、遺品整理以外のサービスを提案されることがあります。

逆に、遺品整理が本業である業者のページには、「遺品整理以外の写真」を入れるケースは滅多にありません。

※見積りを取る際には、業者のホームページに掲載されている「会社概要」を確認することをお勧めします。これにより、業者の事業内容や専門性をよりよく理解し、適切な選択が可能になります。

故人と離れて暮らしている方は、とても多いです。

当社に依頼される方も4人におひとりは、遠方にお住まいの方です。

見積りの日に、現地にお越しください。
店長内藤が現状を確認し、費用を確定し、その場でお見積もりをお渡しします。
「遺品整理の作業日と最終日」「遺品として何を残すかの確認」「作業当日の段取り」以上3点をご説明します。

説明にご納得いただけた場合に、店長がカギをお預かりして作業することもできます。

お一人お一人のご要望に沿って整理を進めますので、ご不明な点は店長内藤までお気軽にご相談ください。

例えば故人の部屋で「小さな箱の1つ1つ」を確認するには時間がかかります。
反面、スピード重視で行う場合は時間が大幅に短縮されます。 そのため、同じ間取りでも業者によって、3日かける業者と1日で終える業者が存在します。

遺品整理業者選びにも関わりますが、仮に業者のページで、間取り「2DKの場合は5時間以内」など、作業時間をいい切る業者のなかには、「時間を最優先」することがあります。素早い作業が常に最善とは限らないため、ご注意ください。

当店が行っている独自のウイルス対策を全面公開しています。
新型コロナウイルス対策の詳細

一時期のピークが過ぎたとはいえ、「電車で現地にお越しいただくことに不安」を感じている方もいらっしゃいます。

店長内藤がご遺族に代わり、部屋に伺い見積りをお出しするサービスも行っています。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

☎︎ 048-471-0840
受付時間:平日8:00〜20:00
土日祝 9:00~18:00

初めての方へ・ご遺族の疑問にお答えします。 生前整理についてよくあるご依頼内容 今まで、2150件のご相談事例 個人情報を大切に守ります

遺品整理

日経ビジネスオンラインなど、数多くのメディアに取り上げていただきました

日経ビジネスオンラインなど、数多くのメディアに取り上げていただきました
お客様の声
遺品整理をお考えの方、今すぐご連絡下さい
遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840
受付時間:平日8:00~20:00土日祝9:00~18:00
営業時間外メール
遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840 営業時間外メール
遺品整理の埼玉中央 遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840営業時間外メール

指定業者 あいおい生命

■業務内容
遺品整理代行 片付け 埼玉県 東京都対応(一部の地域を除く)

■主な対応地域
ページトップへ