お客様に安心してご利用いただけますよう埼玉で23年の老舗、元ホテルマンが気配りします 遺品整理・生前整理の埼玉中央店|さいたま市 遺品整理業者 2000件の作業実績、元ホテルマンが運営する遺品整理業者です。著書も多数!店長内藤がフルサポートします

遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840 受付時間:平日8:00-20:00 土日祝9:00-18:00

家財処分の費用相場、業者に依頼する際の選び方の解説

遺品が家族の絆をつなぐ!お客様に安心してご利用いただけますよう埼玉で23年の老舗、元ホテルマンが気配りします 遺品整理・生前整理の埼玉中央店|さいたま市 遺品整理業者
遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840 受付時間:平日8:00-20:00 土日祝9:00-18:00 営業時間外メール
2150件の作業実績、元ホテルマンが運営する遺品整理業者です。著書も多数!店長内藤がフルサポートします

家財処分の費用相場、業者に依頼する際の選び方の解説

埼玉県さいたま市周辺で信頼できる家財処分業者の選び方をお探しですか?

家財処分業者を選ぶ際の信頼できる選び方、費用と相場、家財道具・不用品の処分方法、トラブル回避のコツまで、埼玉中央店が詳細に解説します。

家財処分業者選びの注意点と費用

はじめに
家財処分が必要になる主な状況には、実家の遺品整理、生前整理、引っ越し、または家の解体があります。この記事では、家財道具の処分の基本から、業者の選び方、費用と相場の理解、粗大ごみ・不用品の廃棄方法、トラブル防止策、おすすめ業者の紹介、利用体験談、処分の流れと準備まで、幅広く解説します。

家財道具の処分を検討している方々にとって、記事がお役立ち情報になるようご参考ください。
記事監修者 記事作成者プロフィール

家財処分の整理業者の片付け空き家対策

家財の処分は、故人やご家族の生活変化により不要となった家具や家電、その他の家財道具を整理し、清掃を行いながら片付ける作業です。これには不用品の選別、回収、廃棄が含まれ、必要に応じて買取や寄付も行われます。

特に、引越し、遺品整理、家のリフォーム、または生活空間の整理整頓の際には家財処分が必要です。

また、最近増えているのは誰も住んでいない実家が空き家になっているケースです。

空き家の家

空き家が増えると治安悪化や環境の悪化の原因になってしまうので、定期的な家財道具の整理や建物のメンテナンスを行うことが推奨されてます。

特に、空き家になっていた物件の部屋がゴミ屋敷状態になっている場合、その後の家財道具の処分は問題を解決する効果的な方法です。

その上で、労力がかかる大掛かりな作業になるため、プロの専門業者にゴミの分別を含め引き取ってもらうことが一般的です。では次によくある、3つの事例をご説明します。

遺品整理で家財処分が必要になる状況

家財処分が必要になる状況は多岐に及びますが、最も一般的なのは遺品整理の状況です。

タイミングとしては、賃貸のお部屋は家賃の関係があるので、比較的早く片付けを行います。

一方で、実家が持ち家の一軒家やマンションの場合は、間取りによっては、直ぐに片付けることが難しいことがあるので、故人が亡くなったの数か月後に行われることがあります。

遺品整理の際の家財処分例

いずれにしても、家に合わない家具やタンス、不要になった家電などの家財道具を処分することで、家の整理をスムーズに進めることができます。その際には、故人の遺品を丁寧に整理し、適切に処分する必要があります。

生前に荷物整理が必要になる状況

次に多いケースは、生前に荷物を整理するケースです。具体的には、両親が介護施設に引越しするため、賃貸物件を引き払う際に家財道具や大量の不用品を整理し、清掃とともに片付けて処分するケースです。

また、持ち家の場合には「直ぐに片付けなくても」いいのですが、入居期間が長期間になると、空き家の状況になってくるので、時期とタイミングを見計らって、実家じまいをするケースが多いです。

荷物の整理と掃除を進める際にも、費用が伴うので、金額を抑えつつ効率的に進めるには、事前の計画が不可欠です。業者選びでは、信頼できるサービスを提供するか、費用の透明性があるかなどを慎重に確認することが重要です。

空き家の家財道具処分

そして、意外と多いのが冒頭お伝えした空き家の状態の整理です。親が長年介護ホームに入居していたり、遺品整理が先延ばしになったことで、空き家状態になるケースは意外と多いです。

実家が空き家になっている

最初は家族が定期的に部屋の空気の入れ替えに行きますが、頻度が少なくなると部屋が傷み始めます。そのため、家財道具を処分した後、売却などの次のステップを踏むことが必要です。

では、次に選び方のコツとポイントをお伝えします。

家財処分の選びは業者料金の透明性

業者の選び方はとても大切です。適切な会社を選ぶことで、費用を抑えつつ、スムーズかつ効率的に家財道具を処分することが可能になるからです。

しかし、数多く存在する家財撤去業者の中から、信頼できるサービスを提供する会社を見つけ出すことは意外と難しいです。

家財処分業者の選び方2つのポイント

以下では、選び方の重要ポイントと注意点を解説します。

業者選定の重要ポイント

選ぶ際の重要ポイントは、何んといっても料金の透明性です。

この点は、予期せぬ追加料金に悩まされることなく、安心してサービスを利用するために不可欠です。

料金体系が明確で、見積もりが細かく提供される業者は、お客様との信頼関係構築に積極的で、その対応が良い証拠と言えます。

また、料金が一式や一律で提示される場合、不明点が少ないかどうかもチェックポイントです。

料金に関する疑問や不明点があれば、契約前に必ず確認することが重要です。

遺品整理見積り(※ なお業者が下見に要する時間は、3LDKのマンションで基本的に40分~60分程度です。)
関連関連ブログ: 遺品整理業者の見積もり取り方と注意点:料金の見方

また、安さだけで選定するのではなく、サービスの質や過去の実績も考慮することが大切です。

その会社の評判を調べるには、お客様の声が参考になります。特に、自筆で書いてあるレビューや感想は、信頼性とサービスの質を判断する上での対象として信憑性が高いと言えます。

たくさんのお客様からの感想をいただいております。 (お客様の声事例)

可能であれば、直接的なフィードバックを参照しましょう。

また、粗大ゴミの回収、遺品整理、不用品の買取など、サービスの内容は見積りを取る会社によって異なりますので、自分のニーズに合ったサービスを提供する撤去業者を選定しましょう。

選び方の注意点・サービスの質

費用の続きとなりますが、見積りを取る際には、費用の内訳を詳細に説明してもらい、追加料金が発生する可能性がある項目についても事前に確認しておくことが望ましいです。

先程お伝えした安さだけで選ぶのではなく、サービスの質や過去の実績も考慮するようにしてください。

さらに、不用品の処理方法についても同時に確認し、適切にな方法で処分しているかどうかをチェックしましょう。不透明な処理方法や不適切な廃棄を行う業者からは避けることが、トラブルを回避する上で重要です。

良い業者を選ぶことは、実家の部屋の片付けを成功させるために欠かせない要素です。

複数の会社から見積もりを取り、比較検討することが望ましいです。また、事前に自分のニーズを明確にし、それに適したサービスを提供する会社を選ぶことが、家財処分をスムーズに進める鍵となります。

家財処分の費用相場 さいたま市 事例

まずは費用構成と相場料金を知っておいてください。

金額は、処分する品目の種類や量、現場で選択するサービスによって大きく変わります。

ここでは、家財処分にかかる費用の構成要素と、相場を理解する上でのポイント、さらには節約のコツについて解説します。

費用の構成要素

家財処分における費用は、大きく分けて回収・運搬費、処理費の3つです。

家財処分見積り料金の内訳

1.まずは回収代金(人件費)です。部屋からの搬出作業に必要な人数を考える際は、引越し業者が家具を運び出す様子を想像してください。2.

2.次に、運搬代金です。これは家財道具をトラックに積み込み、処分場まで運ぶための費用です。引越し業者が家具を新居に運ぶプロセスに似ていますが、運び先が新居ではなく処分場となる点が異なります。

3つ目は、処分代金です。一般的な家庭のゴミ出しは自治体職員が行い、それに付随した処理施設を使用しますが、業者の中には公的な施設の使用が許可されない場合があります。

そのため、基本的に「会社として家財の処分を行っている」場合、多くは公的な機関ではなく、民間の施設で廃棄するケースが見られます。

業者の相場料金

家財処分の相場は地域や業者、引き取り品目と種類によって異なるため、ここで示すのは間取り別の相場料金の目安です。

部屋タイプ作業要員料金
1DK2名70,000円より
2DK3名150,000円より
3DK4名220,000円より
3LDK5名280,000円より

※また一軒家・マンションなどお住いの条件・トラックに運ぶ家財道具の量により、金額が変わります。

不用品の廃棄方法、業者と自力の選択

ここでは、不用品回収の一般的な方法と、自力での廃棄と業者に依頼する場合の違いについて説明します。

不用品回収の方法

不用品回収の方法には、自治体による回収サービス、民間の不用品回収引き取り業者の活用、リサイクルショップへの買取査定依頼、売れる人気フリマアプリやインターネットオークションへの出品を通じた売却などがあります。

自治体のそれぞれサービスは、お得な低コストで済むことが出来ますが、回収できるアイテムには対象となる指定や制限があります。

一方で、民間の家財処分業者は、より幅広い不用品の回収が可能で、出張で即日対応をしてくれることもありますが、サービスにかかる費用を事前に確認する必要があります。

自力処分と業者依頼の違い

自力での粗大ごみや不用品の処分方法として、埼玉県の自治体が提供する粗大ごみ回収サービスを利用すること、施設への直接持ち込み、またはリサイクルショップに持ち込んで、衣類や価値のある家財道具の買取や引き取りを依頼するケースがあります。

この場合のメリットは、廃棄することに比べてコストが安くなりますが、一方で、値段がつかずに引き取りが出来ない場合は、物理的な手間や時間がかかるデメリットもあります。

一方で、業者に依頼する廃棄方法は、全ての手配をプロに任せられるため、時間や手間を節約できる大きなメリットがあります。

遺品整理の家財処分光景

家具の搬出などに慣れていない方が、部屋から粗大ゴミを運び出し際には、怪我などのリスクも考えらます。ゴミと家電類などが多く大変な状況では、業者に収集依頼をするのが一番です。

家財道具処分でよくある業者トラブル

ただし、家財処分の過程で、様々なトラブル問題が発生する可能性もあります。

これらのトラブルを未然に防ぐためには、事前の準備と正しい知識が必要です。
以下に、よくあるトラブル事例と、これらのトラブルを避けるための対策を紹介します。

よくあるトラブル事例

1.見積もりと実際の費用が異なる: 依頼した後に、最初に提示された見積りよりも、高額な追加請求があるケースがあります。これは、見積もり時に正確な情報が伝えられなかった、または意図的に低い見積もりを提示した結果です。

トラブルイメージ画像

2.不適切な廃棄方法: 悪徳業者によっては、ゴミ屋敷のような場所に不法投棄や環境に悪影響を及ぼす方法で家財道具を処分することがあります。これは、環境だけでなく、依頼主にも法的な責任が及ぶ可能性があります。

3.サービスの質が低い: 約束されたサービスが適切に提供されない、作業が雑である、約束の時間に来ないなど、サービスの質に関するトラブルも発生します。

トラブルを避けるための対策

複数の会社から見積もりを取る: 費用相場を理解するために、複数の業者から見積もりを取り、内容を比較しましょう。見積もりを取る際は、引き取り品目のリストを明確にし、可能な限り詳細な情報を提供します。

遺品整理家財処分

業者の選定基準を設ける: 選ぶ際には、その実績、評判、提供するサービスプラン、料金体系の透明性など、選定基準を設けることが重要です。また、環境に配慮した処分方法を取り入れているかも確認しましょう。

契約内容を必ず確認する

契約内容を確認する: 見積もりを基に契約を結ぶ際には、サービスの範囲・費用の明細・引き取り内容・作業時間など利用規約までを確認します。不明点や疑問点があれば、契約前に確認をし、必要な情報を明確にもらえるようにしましょう。

契約書

口コミや評判をチェックする: インターネット上の口コミや評判をチェックし、実際にその業者を利用した人の意見を参考にします。特に、トラブル発生時の対応や顧客サービスの質は重要なポイントとなります。

トラブルを避けるためには、事前の準備と正しい選定が重要です。適切な業者を選ぶことで、スムーズで安心な荷物整理が可能となります。

買取業者の引き取りトラブルとは?

家財道具を整理しようと思った際に、思っていた以上に査定額が低い、または殆どの品を買取すると宣伝していたにもかかわらず、逆に相場よりも高い引き取りや、家財道具処分代金を請求されたといったトラブルが発生することがあります。

買取りの話が違い、困っている女性

そのため、信頼できる買取業者を選ぶことが非常に重要です。買取業者を選ぶ際には、古物営業法に基づく許可証の有無を確認し、個人情報の取り扱いについて明確な説明があるかどうかも重要なポイントです。

また、買取の際の「引き取り基準」はリサイクル業者と同じです。そのため、期待していたほど引き取りができないケースもよくありますのでご注意ください。

家財処分おすすめ業者の選び方とコツ

スムーズに、かつ効率的に行うには、信頼できる家財処分会社を選ぶことが大切です。ただし、多くの家財道具の処分業者が存在する中で、自分のニーズに最適なサービスを提供する会社を見つけるためには、いくつかのポイントを抑える必要があります。

明確な料金体系・お客様の声・サービス範囲

これまでお伝えした要素の要素を再度お伝えする部分もありますが、非常に大切な要素なのでぜひ押さえてください。

1.信頼性と実績: 家財処分業者を選ぶ際には、その信頼性と実績を確認することが最初のステップです。

長年にわたるサービス提供実績や、「ホームページにあるお客様の声」は、信頼性の高さを示しています。

2.透明な費用体系: お金の透明性は、良い業者を選ぶうえで非常に重要な要素です。隠れた金額がなく、事前に明確な見積もりを提供してくれる業者を選ぶことで、後から予想外のお金を請求されることを防げます。

そのため、追加料金が発生する際の条件が見積もり書にあるか、もらう際に確認し、不明な点は遠慮なく聞いてみてください。

追加料金の確認

3.サービスの範囲: 家財道具の回収だけでなく、不用品の買取、ごみの引き取り内容、粗大ゴミ・一般廃棄物の処理など、提供されるサービスの範囲も業者選定の重要なポイントです。自分のニーズに合ったサービスを提供しているかを確認しましょう。

4.環境への配慮: 廃棄物の処理方法に配慮している会社を選ぶことが望ましいです。リサイクル可能なアイテムを適切に分別し、環境に優しい方法で処理する業者は、責任ある選択と言えます。

スムーズに進める秘訣

1.事前のリサーチ: 業者選定には、事前のリサーチが不可欠です。インターネット検索で口コミ評判や友人や家族からの推薦を参考にして、信頼できる会社を見つけましょう。

2.明確なコミュニケーション: 業者とのコミュニケーションを明確にすることが重要です。廃棄する家財の詳細を事前に伝え、見積もりは細かくチェックしましょう。不明点があれば、作業時間前に解消するようにしましょう。

業者との打ち合わせ事例

3.柔軟な姿勢: 処分する家財の中には、買取可能なものが含まれている場合があります。業者の提案に柔軟に対応し、処分だけでなく買取のオプションも検討することで、費用を抑えることができます。

4.近隣住民への配慮: 戸建て・集合住宅を問わず、近隣住民の方にも、どれだけ配慮できるのか、大切な要素です。

家財処分の流れと計画的なステップ

計画的に進めるようにしましょう。効率的な流れを実施するためには、事前の準備と正しいステップの理解が必要になります。以下では、家財処分の基本的な流れと、事前に準備すべきことについて説明します。

処分までのステップ

家財処分をスムーズに行うための基本的なステップは以下の通りです。

1.家財の整理と選別: 廃棄する家財道具を決定し、リサイクル可能なもの、買取や引き取りが期待できるもの、捨てる物に分けます。この過程で、必要なアイテムと不要なアイテムを明確に分類します。

2.業者の選定: 処分方法に応じて、適切な会社を選びます。不用品回収業、リサイクルショップ、遺品整理業など、処分するアイテムや目的に最適なサービスを提供する会社を判断します。

3.見積もりの取得: 選定した業者に連絡し、家財の量や種類に基づいた訪問見積りを取得します。その際にはご自身の希望を伝え、廃棄方法や作業日時など、詳細を確認しましょう。

見積り訪問イメージ

4.契約と準備: 見積もりとサービス内容に同意したら契約を結びます。作業日までに、部屋の貴重品など確認し、準備を進めます。

5.処分の実施: 約束された日時に業者が来訪し、家財の廃棄を行います。作業中は、不明点や追加の指示があれば伝えましょう。

準備すべきこと

家財処分を効果的に行うために、以下の準備を事前に行うことが推奨されます。

・家財のリストアップ: 家財のリストを作成し、アイテムごとの廃棄方法を計画します。貴重品や重要書類は事前に取り分けておきましょう。

・業者選びの基準の設定: 何を基準に選ぶか、明確な基準を設けます。費用、サービスの質、環境への配慮など、自分にとって重要なポイントをリストアップしましょう。

・必要書類の準備: 特定の家財を処分する際に必要な書類がある場合、事前に準備しておきます。例えば、家電リサイクル法に基づく処分では、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などのリサイクル券が必要になることがあります。(業者が代行してくれるところもあります。)

台所にある家電リサイクル(冷蔵庫)

・家財の事前整理: 処分日までに、家財を適切に整理し、片付け作業しやすい状態にしておきます。不要なアイテムはあらかじめ分別し、処分予定の場所に集めておくと効率的です。

・計画的に進めることで、無駄やトラブルを避け、スムーズに作業を完了させることができます。事前準備と適切な業者の選定により、家財処分を成功に導きましょう。

まとめ:一覧

1.家財処分の計画を立てる: 家財の整理と選別から始め、処分するアイテムを一覧表にします。リサイクルや買取が可能なものは、適切な方法で処理しましょう。

一覧表のチェックリスト

2.信頼できる評判がいいおすすめ業者: 選ぶ際には、その信頼性、サービスの範囲、費用の透明性を確認します。複数の見積もりを比較し、最適な業者を選択しましょう。

3.費用と相場を理解する: 自宅の家財処分にかかる費用と相場を把握し、不要な出費を避けるための節約のコツを考えてください。不要なアイテムの自力処分や買取を検討することも一つの方法です。

4.トラブルを回避する: 「訪問無料見積りを利用する際には、作業後に想定外のお金が生じないよう、契約を結ぶ前に追加費用が発生する可能性のある状況を十分に確認し、全ての内容に納得した上で進めることをお勧めします。」

5・準備とコミュニケーションを重視する: 業者との明確なコミュニケーションと、処分作業に必要な準備を行います。処分予定の家財を事前に整理し、必要に応じて詳細を確認しましょう。尚、ハウスクリーニングまで対応する会社がおすすめです。

家財処分を成功させるためには、事前の準備と情報収集が鍵となります。この記事を参考に、効率的に、かつ円滑に進められることを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。(遺品整理の埼玉中央 店長 内藤)

お困りごとはお気軽にご相談ください

実家の家財道具の整理は大変さと疲れが伴うことが多く困難さを感じることがあります。私たちは、一つ一つの手続きを丁寧に進めて参ります。

遺品整理の埼玉中央 サイト運営者

遺品整理の埼玉中央店の特徴は次の通りです。
・一戸建てからアパート清掃までしっかり対応
・お客様の悩みとご希望に合わせたサービス
・作業保険加入・買取に必要な古物商許可を取得
・料金は明瞭で、追加費用は一切無し
・ご利用者様からの声と評価

たくさんのお客様からの感想をいただいております。

埼玉県さいたま市内の業者の当店では、遺品整理・実家の片付け後の住宅解体工事もお引受けしています。何かご要望や疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。

埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネスプラザ5階
TEL 048-471-0840

営業時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)時間外無料見積メール 24時間 可能

主な対応エリアは、埼玉県さいたま市 南区 桜区 中央区 大宮 浦和 北区 緑区 見沼区、川口市、川越市、朝霞、志木、春日部、上尾、和光、蕨、富士見、新座、戸田、蓮田、狭山、三芳町、ふじみ野、所沢市、坂戸、鶴ヶ島、越谷市、草加、東村山、東久留米、清瀬、世田谷、文京区、港区、杉並、板橋、練馬、西東京、大泉学園周辺です。エリア以外の方も、ご相談ください。遺品整理代行 片付け 埼玉県 東京都対応(一部の地域を除く)

関連サイト: 実家じまいの費用相場 実家の片付けに疲れた方へ 実家の荷物整理 生前整理

よくある遺品整理ご質問

私たちの遺品整理サービスには、他社にはない3つの特徴があります

1.2002年に初めて遺品整理を行い「関東で一番初めに」、遺品整理に特化した店舗を開始しました。

そのため、他社にはない、2150件以上の作業経験があります。

今までの経験から、遺品整理を進める上での注意すべき点を把握しています。

また開業以来、作業効率ではなく丁寧さを徹底し、たくさんのご感想を頂いております。
お客様 直筆アンケートはこちら

今までの経験を踏まえ、初めて遺品整理を経験されるお客様に、23年以上ご満足いただける店舗運営を続けています。

2.元大手ホテルマンの店長が実家の遺品整理を自ら経験したことです。
今では多くの業者が存在しますが、運営者が自身の遺品整理を経験したケースは殆ど聞きません。

大手ホテルで、サービス業を学んだ店長が、自身で遺品整理を行った経験を原点に「ご遺族に寄り添う」作業を続けています。

ホテル業界出身の遺品整理業者は、他の業者にはないのが特徴です。

3.店長の内藤が御見積から当日の作業まで一貫して行います。
理由は見積りに伺った担当者は遺族のご要望を伺っています。

業者によっては、見積り担当者と作業員が違うことがありますが、それではご遺族の要望が伝わりづらいことがよくあります。
元大手ホテルマンの店長が、ホスピタリティ経験豊富なスタッフともに作業します。

元ホテルマンが運営する 遺品整理の埼玉中央 直通電話 店長が直ぐにお電話で対応します。
☎︎ 048-471-0840
受付時間:平日8:00〜20:00
土日祝 9:00~18:00

料金が決まる基準は3つです。

1.基本作業代金=作業員の人件費
2.処分代金=処分費にかかる代金
3.故人の部屋の状況です

間取り別料金相場

1DK 2名 70,000円~
2DK 3名 150,000円~
3DK 4名 220,000円~

店長が必ず見積り伺い対応しておりますので、ご不明な点はお気軽にご連絡ください。
遺品整理の埼玉中央 料金表
価格は最安値と断言できませんが、常にリースナブルな価格で提供しています。

遺品整理の埼玉中央 直通電話 店長が直ぐにお電話でお答えします。
☎︎ 048-471-0840
受付時間:平日8:00〜20:00
土日祝 9:00~18:00

2002年には、遺品整理の店舗は関東に1社も専門業者はありませんでしたが、最近では「比較的容易」に取れる「民間資格」などを取得して「異業種」からの新規参入業者が多く存在します。

ただ、遺品整理を本業としていない業者も存在します。
こちらで、お客様に分かりやすく、見分け方をお伝えします。

遺品整理業者の見分け方

1.遺品整理が「本業ではない業者ホームページの特徴は」、ページ内に遺品整理以外の写真が多く入っています。
例えばリフォーム工事などが本業であれば「リフォームまで行います!」などの表現が、サイトに散りばめられています。
それ自体は悪いことではありませんが、遺品整理以外のサービスを提案されることがあります。

逆に、遺品整理が本業である業者のページには、「遺品整理以外の写真」を入れるケースは滅多にありません。

※見積りを取る際には、業者のホームページに掲載されている「会社概要」を確認することをお勧めします。これにより、業者の事業内容や専門性をよりよく理解し、適切な選択が可能になります。

故人と離れて暮らしている方は、とても多いです。

当社に依頼される方も4人におひとりは、遠方にお住まいの方です。

見積りの日に、現地にお越しください。
店長内藤が現状を確認し、費用を確定し、その場でお見積もりをお渡しします。
「遺品整理の作業日と最終日」「遺品として何を残すかの確認」「作業当日の段取り」以上3点をご説明します。

説明にご納得いただけた場合に、店長がカギをお預かりして作業することもできます。

お一人お一人のご要望に沿って整理を進めますので、ご不明な点は店長内藤までお気軽にご相談ください。

例えば故人の部屋で「小さな箱の1つ1つ」を確認するには時間がかかります。
反面、スピード重視で行う場合は時間が大幅に短縮されます。 そのため、同じ間取りでも業者によって、3日かける業者と1日で終える業者が存在します。

遺品整理業者選びにも関わりますが、仮に業者のページで、間取り「2DKの場合は5時間以内」など、作業時間をいい切る業者のなかには、「時間を最優先」することがあります。素早い作業が常に最善とは限らないため、ご注意ください。

当店は介護ホームでの作業が多いため、引き続き感染防止対策を徹底してまいります。詳細については、以下のページで改めてお知らせいたします。(更新: 令和6年5月28日)

新型コロナウイルス対策の詳細

☎︎ 048-471-0840
受付時間:平日8:00〜20:00
土日祝 9:00~18:00

初めての方へ・ご遺族の疑問にお答えします。 生前整理についてよくあるご依頼内容 今まで、2150件のご相談事例 個人情報を大切に守ります

遺品整理

日経ビジネスオンラインなど、数多くのメディアに取り上げていただきました

日経ビジネスオンラインなど、数多くのメディアに取り上げていただきました
お客様の声
遺品整理をお考えの方、今すぐご連絡下さい
遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840
受付時間:平日8:00~20:00土日祝9:00~18:00
営業時間外メール
遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840 営業時間外メール
遺品整理の埼玉中央 遺品整理の埼玉中央 年中無休の電話受付 048-471-0840営業時間外メール

指定業者 あいおい生命

■業務内容
遺品整理代行 片付け 埼玉県 東京都対応(一部の地域を除く)

■主な対応地域
ページトップへ