店長4つの想い

店長4つの想い

ジョイサービス店長 内藤 4つの想い

再生ボタンをクリックすると、ムービーが再生されます。

こころがけていること

部屋一杯にある遺品、「もう片付けなければ・・・」とは思うけど、どうも踏ん切りがつかなくて・・・。
思い出もあるから、すぐに捨てたくはない。けど賃貸だから片付けざるを得ない。
お客様それぞれに思いがあります。

遺品を整理するのは、単なる不用品処分とは違います。故人への思いがあるからです。ですので、気持ちの整理がついた時に、ご遺族の方が少しずつ整理をされるlことも1つの方法です。

ただ現実には、量が多くてとても自分では片付けられない場合や、賃貸だから他人の手を借りてでも、すぐに片付けなければならない場合もあります。

また、ほとんどの方にとって遺品を整理することは一生に一度の話です。
ですから、お客様ご自身が知らないこともあって戸惑われる方も多いのです。

私が今の仕事行っている原点は、かつて私が父の遺品整理を全て自分自身で行ったことから始まり今日に至っております。

当店では、お客様に「依頼してよかったと」思っていただいて初めて仕事をさせていただいた価値が生まれる。

私が同行させていただくスタッフに常にこのことを言い聞かせています。

喜び・嬉しかったこと

そしてこの仕事をしていて本当によかったと感じることがあります。
それは、無事作業を終えさせていただいた後に、お客様から書いていただくアンケート。

私自身が父の遺品の整理をした経験からお客様ご自身の気持ちが伝わってくる瞬間だからです。

先月、お客様より言われました。
「店長の意向と指示を作業をしているスタッフの方がとてもよく理解して動いていた。見ていて気持ちがよかった。」正直、本当に嬉しく思いました。

そしてお客様はいろいろなところを見られているのだと実感しました。

現場でのサービスの向上は接客のうえでも、無限にあります。

そしてお客様より頂くアンケートは日々、私どもが今の仕事をしていてよかったと実感させられます。

忘れられないできごと

朝日新聞から取材を受けたときに記者にこの話をしました。

今から8年前、知り合いのお客様からの紹介で和光市に見積もりに出向きました。
現地につくと、アパートの玄関の扉は開いており50代の女性と20代の娘さんの親子でした。

「靴のまま土足であがってください。」
そして、「全てゴミのため残すべき遺品はありません。」
初めは正直、戸惑いました。

靴を脱いでお邪魔すると床にはウイスキーの空ボトルがざっと計算しても200本以上あったと思います。
伺うと、20年前に離婚をしたが故人には身内がいないため部屋のなかのものを全てを処分して欲しいとのことでした。

作業日時の打ち合わせをさせていただき後日作業に入りました。
作業もほぼ終わりに近づいたときに、テレビ台の中に古い幾つかの箱がありました。
中にあるものを確認したところ、そこには親子3人が色紙に描かれていた水彩画。
よく遊園地等にて書いてくれるものです。大切保管されていました。

また、故人の手帳のカレンダーには娘の身長と体重。メモの隣には成長記録も書いてあります。
念のため娘さんにご遺品をどうされますかと話したところ、それまで極めて遺品に対して事務的な会話をされていた娘さんの顔がこわばり、涙ぐんできたことを今でも思い出します。

娘さんはアパートの鍵を掛けた後、ご近所に挨拶まわりをされ後に父親の遺品を大切そうに胸にかかえられ、帰路の駅に向われました。
私は、その後ろ姿を、いまだに覚えています。

他社との違い

私はこの業界で11年間、仕事をしてきましたが、今の仕事をスタートした時には「遺品整理」という言葉はありませんでした。
今では、インターネットで「遺品整理」と検索すれば、たくさんの業者が広告を出しています。

私の経験から申し上げますと遺品整理の現場では、いろいろと偶発的なことがよく起こります。
理由は幾つかの事が考えられますが、整理する必要なものが実際には依頼されたお客様の持ちものではないため、いったいどこにどの様なものがあるか分からない。

また、遺族の方が遠方等に住まれている場合には、生前に故人の方が暮らしていた生活状況と住民の方々とのつながりも、よく分かことも多くあります。

以前に、作業をさせていただいたアパートでこのようなことがありました。
隣近所の方々から「生前お世話になっていたので、お線香を是非あげさせて欲しい。」
ご近所の方まで含めると20人近くの方がこられました。
こういった状況で作業を一時的に止めることもよくあります。

1つの例をあげさせていただきましたが、遺品整理の現場は千差万別です。
そして、仕事内容が定型化しづらい部分もあります。
そのため当店では、年間を通しての作業を165件位までを目途として作業をさせて頂いております。

売り上げだけに特化したら、どうしても作業そのものが不透明な方向に向かってしまう。
当店ではそのように思っております。

遺品整理は最後のお別れの場です。

そこに同席させていただければ、何よりの幸せに思います。
ご不明点やご質問があれば、遠慮なくお問い合わせください。

インタビュアー:サテライトオフィス

指定業者 あいおい生命

■業務内容
遺品整理代行 片付け 埼玉県 東京都対応(一部の地域を除く)

■主な対応地域

■本社・総合受付事業部 埼玉県志木市館2-5-2 鹿島駅前ビル

ページのトップへ