杉並区で遺品整理代行 回収業者にご相談をお考えのご遺族の方

  • 故人との思い出を何より大切に。作業効率でなく、丁寧さを徹底いたします。遺品整理の埼玉中央
    故人との思い出を何より大切に。作業効率でなく、丁寧さを徹底いたします

開業16年、適正相場料金の老舗業者です。故人の部屋のご相談は、まずはお電話ください。浜田山、永福、南荻窪、善福寺周辺によくお伺いしています。

対応エリア

杉並区で遺品整理をお考えの方へ

遺品は故人と遺族の絆。その想いを大切にする遺品整理

店長:内藤

私は、以前ホテルの仕事に16年間勤めていました。

その時期に父親を亡くし、そのとき初めて遺品整理を経験しました。
それがきっかけとなって、ホテルマンから「遺品整理業者」になりました。
私たちがお伺いせて頂く故人の部屋には、それぞれ生きてきた証し、ご遺族と故人を紡ぐさまざまな遺品が遺っています。

遺品になった途端に整理が進まなくなるご遺族が多いなか、関東で、いち早く遺品整理サービスを行ってきた店舗として、ご遺族にとって故人との最後のお別れの場に、感銘して頂ける有意有るものにとなるよう努めてまいります。


初めての方へ・ご遺族の疑問にお答えします。 生前整理についてよくあるご依頼内容
今まで、1875件のご相談事例 個人情報を大切に守ります

参考費用

参考費用

50,000円~

間取り 1K 作業員 2名
参考費用

140,000円~

間取り 2DK 作業員  3名
参考費用

210,000円~

間取り 3DK 作業員  4名

≫ 費用の目安はこちら

杉並区 遺品整理 日誌

(※守秘義務の観点からお客様が特定できないよう脚色してありますので、ご安心して下さい。)

ある会社のお客様のご紹介で浜田山のお宅に見積に伺いました。事前に故人の書籍と書類が多いと伺っていました。現地に着くとご実家には母親と娘さんご夫婦が住んでいて、亡くなった父親の部屋の整理をしたいということでした。当店は埼玉県内の業者ですが、ご紹介などで杉並区によく伺っています。


(※店長内藤が現地で行う養生光景です)

お電話でお問い合わせのなかで、ご遺族から「葬儀後、いつごろの時期にされる方が多いのですか?」よくご質問がありますが、家賃が関連する賃貸物件などを除いては、すこし期間があいた時期とお答えしています。お客様の中で多いケースは、四十九日後ですが、一般的にはすぐできませんので、特に決まりはありません。

守秘義務の観点より、詳しい現地の状況はお伝えできませんが、ご実家に住んでいるご家族の方は、皆さま整理することに前向きでした。娘さんに案内され部屋の様子を見た時に、「お父さん一所懸命仕事していたんですね」その言葉が印象に残りました。

先日、都内の方よりお問合せがありました一部をご紹介します。「葬儀後、年金受給停止、戸籍謄本の取得、生命保険手続きから、遺産分割協議、預貯金、不動産、株式 有価証券、自動車の相続手続など慌ただしくしていて、皆さんいつ頃遺品を整理する方が多いのでしょうか」お電話がありました。

気持ちの区切りがついた時期が一番ですとお答えしました。

ご遺族から杉並区の実家の故人の部屋にある「遺品を業者に依頼したときに、どのような作業で、料金にどのような理由があるか」お問合せを頂きます。作業内容はお見積もりの際に詳しくご説明しております。ご遺族の気持ち思い出がある状況の部屋で、遺品に対して丁寧さを徹底します。

 

遺品整理


たくさんのお客様の声をいただいています
日経ビジネスオンラインなど、数多くのメディアに取り上げていただきました
故人の想いを遺族に紡ぐ(店長著書より)大手出版社で実績を評価いただきました
遺品整理をお考えの方、今すぐご連絡下さい
tel:048-471-0840
受付時間:平日8:00~20:00土日祝9:00~18:00
時間外はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

指定業者あいおい生命

■業務内容
遺品整理代行 片付け 埼玉県 東京都対応(一部の地域を除く)

■業者 杉並区 松庵 回収 コラム。ご遺族に対して安心できて評判がいい口コミの回収業者を目指し元ホテルマンの店長が担当します。相続、ジュエリー・指輪・ネックレス・腕時計など形見分け、相続後に父、母、姉妹、ご兄弟、叔父、叔母、祖父母、親族のご両親など遺品を整理するため、業者の相場料金を知りたいご遺族の方、ぬいぐるみ・雛人形・五月人形・お仏壇なども回収します。相続された実家の片づけ、生前整理の不用品も承ります。
供養が必要なものやケースを熟知、最近では供養が必要と力説する業者も散見されますが、過去1750件の故人の部屋の整理をしてきた経験から、本当に供養が必要な状況と遺品を熟知しています。

善福寺周辺には、東京女子大学どの学校が集中する閑静な文教地区ですが、永福の由来は、大永2年(1522年)に開創されたという永福寺です。本尊には一面観音立像があり、住宅街に入ると都心とは思えない静かで落ち着いた街並みを感じます。数年くらい前まで当店のスタッフが西荻窪より通っていたこともありますが、生活環境がいい杉並区域のことをよく聞いております。
■主な対応地域

Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ